×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 



スポンサーリンク 


贈与税について


 受贈者(贈与を受けた人)には、贈与税が課税されます。この贈与税の対
象となるのは、個人から個人へ財産贈与をした場合です。親子間や夫婦間に
おける贈与も対象となります。
 また、受贈者1人につき年間110万円の基礎控除があります。1年間に
受け取った贈与財産の合計額から110万円を引いた額に贈与税がかかりま
す。年間の贈与合計額が110万円以下場合には、贈与税はかかりません。

贈与税がかかる財産

 贈与税がかかる主な財産は、以下の通りです。
本来の財産

土地 田畑、山林、宅地など

土地に有する権利 地上権、耕作権、借地権など

構築物 駐車場など

家屋 自用家屋、賃家、工場、倉庫など

預貯金・有価証券 現金、預貯金、株式、証券など

家庭用財産 家具、宝石、貴金属、骨董品など

事業用財産 原価償却資産、商品、製品など

その他 貸付金、未集金、配当金、特許権など
みなし相続財産

生命保険、死亡退職金、個人年金など

贈与税がかからない財産

 贈与税がかからない主な財産は、以下の通りです。
贈与税のかからない財産

法人からの贈与財産

扶養義務者からの生活費や教育費としての贈与

公益事業用財産

心身障害者共済制度による給付金の受給権

一定の要件に当てはまる奨学金など

特別障碍者を受益者とする信託受益権

相続開始年に被相続人から受けた贈与

常識的な範囲で必要な贈与

その他



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!