×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 



スポンサーリンク 


相続登記とは


 被相続人が所有していた建物や土地などの「不動産の名義変更手続き」
のことを『相続登記』といいます。ただし、不動産以外の動産(預貯金・株
式や国債などの債券・美術品など)は除きます。

 不動産である土地を相続し、その土地を売却する際などには、必ず「土地
の登記簿謄本」
が必要となり、これが、土地の所有者が誰であるのかを証明
してくれます。この「登記簿謄本」の名義を変更していなければ、たとえ土
地を相続したとしても、自由に売却などはできません。

 不動産の登記は、所有者の自己判断に任せられていますが、トラブルを未
然に防ぐためにも、不動産を相続した場合は、速やかに相続登記をしましょ
う。
※当事務所には提携している司法書士事務所があります。
相続人に関する必要書類
書類
入手できる場所
住民票
相続人の住所地の市区町村
印鑑証明
     〃
戸籍謄本
相続人の本籍地の市区町村
固定資産評価証明書
相続する不動産の所在地の市区町村
登記簿謄本
相続する不動産の所在地を管轄する法務局
遺産分割協議書
遺産分割協議をしたときのみ必要
委任状
代理人などに依頼したときのみ必要
相続関係図
相続人自身、または依頼された行政書士

被相続人に関する必要書類
書類
入手できる場所
戸籍謄本
被相続人の本籍地の市区町村
除籍謄本
     〃
改正原戸籍謄本
     〃
戸籍の付票
     〃
住民票の除籍
被相続人の住所地の市区町村


 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!