×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


スポンサーリンク 


遺産分割調停・審判


 遺産分割≪協議≫での、相続人間での話し合いがまとまらないときには、
遺産分割≪調停≫遺産分割≪審判≫の手続きを取ることができます。

 被相続人が残した遺産を分割する際は、相続人全員参加の「遺産分割≪
協議≫
による話し合い」によって解決するのが原則です。しかし、相続人
のうち1人でも協議内容に不同意の場合、家庭裁判所に「遺産分割調停申立
」を提出し、調停で解決することができます。調停での話し合いに合意で
きないときは、「遺産分割審判申立書」を提出して、家庭裁判所の審判を待
ちます。

遺産分割 ≪調停≫とは

 遺産分割協議での話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所に「遺産分割
調停申立書」
を提出し、遺産分割調停が行われます。
 この調停は、家庭裁判所の調停委員が、各相続人の主張などを聞き、相続
人同士が合意できる内容に進めていきます。
調停委員は、相続人の被相続人
に対する貢献度や、年齢・職業などを総合的に判断し、話し合いを進めてい
きます。

 遺産分割≪調停≫での話し合いがまとまらない場合は、家庭裁判所に「遺
産分割審判」の手続きを申し立てることになります。

遺産分割 ≪審判≫とは

 遺産分割≪調停≫での話し合いで意見がまとまらない場合は、家庭裁判所
「遺産分割審判申立書」を提出し、遺産分割≪審判≫の手続きをしま
す。
 審判は、調停のように相続人での話し合いは行われず、家庭裁判所が判断
し、審判を下す制度
です。また必要に応じて、相続人・相続内容などの事実
関係や相続人の意見の正当性を確認もします。

 遺産分割審判で下された内容には、法的強制力があります。相続人が合意
できない内容であっても、その審判に従わなければなりません。

 ただし、遺産分割≪協議≫や遺産分割≪調停≫をせずに、≪審判≫を申し
立てることはできません。相続人間での話し合いによる解決が前提の制度と
なっています。


 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!