×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


スポンサーリンク 


相続の対象となる財産


 財産には、遺産相続の対象になる財産と、対象にならない財産があり、相
続の対象となるものには、プラスの財産とマイナスの財産があります。
 また。状況によって相続の対象になるかどうかが変わってくるものもあり
ますので、相続開始後は、全ての財産をリストアップする必要があります。

相続の対象となる財産

■プラスの財産
 土地(借地権含む)、建物、家屋、借家権、現金、預貯金、有価証券(債
権、株式など)、金銭債権、売掛金、貸付金、ゴルフ会員権(一部例外あ
り)、特許権、著作権、家財、自動車、書画、骨董、名画、美術品、宝石、
貴金属類など。

■マイナスの財産
 借入金、買掛金、借金、住宅ローン、預かり敷金、預かり保証金、未払い
月賦、未払い税金、未払い家賃、未払い医療費、未払い地代など。


相続の対象とならない財産

 香典(喪主宛に送られたものとみなされる)、遺族年金(受給権を持つ人
の財産)、死亡退職金(受給権を持つ人の財産)、墓地・墓石・仏具・仏壇
などの祭祀財産(祭祀継承者が単独で受け継ぐ)など。

状況により、変化する財産

■生命保険
 受取人名義によって変わり、被相続人が保険料を負担し、被相続人が受取
人の場合と受取人の指定がない場合は、相続財産となります。受取人が被相
続人以外に指定されていた場合、その人固有の財産となります。
 複数の相続人がいる場合、相続開始後、財産は相続人全員の共有財産とな
ります。


 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!