×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


スポンサーリンク 


相続の欠格・排除について


 法定相続人ではあるけれど、被相続人自身が、財産を相続させたくない人
がいる場合などに、財産の相続権を奪う制度があります。
 これを「相続欠格」「相続排除」といいます。

相続欠格

 法定相続人であっても、相続の権利を失う場合があります。そのひとつと
して『相続欠格』があります。
 相続について、不正な手段で利益を得る行為をしようとした、または、し
た場合に、その法定相続人は相続の権利を失います。法律上の手続きなどは
必要ありませんが、「相続欠格を証する書面の提出」が必要となります。
 また、相続欠格された者は、「遺贈」を受けることもできません。


相続人の欠格事由 ≪民法891条≫
1.
 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために、刑に処せられた者。
2.
 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。ただし、その者にぜひの弁別がないとき、または殺害者が自己の配偶者もしくは直系血族であったときは、この限りではない。
3.
 詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、または変更することを妨げた者。
4.
 詐欺または強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消しさせ、または変更させた者。
5.
 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠蔽した者。

相続排除

 被相続人の意思によって、相続人の相続権を失わせる権利を『相続排除』
といいます。

 「相続排除」は、遺留分を有する推定相続人が対象となります。
 また、遺留分を有しない被相続人の兄弟姉妹については、相続排除の対象
とはならず、遺言書で相続させないようにできます。ただし、排除された者
の直系卑属(兄弟姉妹の場合は、その子)は、代襲相続できます。
 相続排除をされても、「遺贈」を受けることはできます。


遺贈 … 被相続人の遺言によって、遺言者の財産の全部または
      一部を贈与すること。



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!