×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 

代襲相続とは


 本来、相続の権利を有する相続人が、いくつかの理由で遺産を相続できな
いとき、その子どもや孫(被相続人の直系卑属)・祖父母(被相続人の直系
尊属)が、代わりに相続することを『代襲相続』といいます。


代襲相続の範囲

 相続欠格相続排除によって、相続権を失った人に子どもがいる場合も、
代襲相続ができます。被相続人の直系卑属には、無限に代襲相続が認められ
ています。
 被相続人の兄弟姉妹が相続人の場合、その子ども(被相続人からみた甥・
姪)は代襲相続できますが、さらにその子ども(被相続人からみた甥・姪の
子ども)は代襲相続できません。
 また、相続放棄した人の場合も、代襲相続は認められません。

  相続の欠格・排除は、
  「相続の欠格・排除について」をご参照ください。



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!