×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 

スポンサーリンク 


相続の方法を選ぶ


 相続には、3つの相続方法があります。
相続開始
全財産の義務・権利をすべて受け継ぐ。
プラスの財産の限度内で、
マイナスの財産を受け継
ぐ。
相続のすべての義務・権利を受け継がない。放棄。

単純承認

 被相続人の残した財産(プラスの財産とマイナスの財産)の、全ての権利
と義務を、無条件で引き継ぐことを『単純承認』といいます。

 相続開始後、3ヶ月以内に単純承認の意思表示をするか、限定承認相続
の放棄
をしなければ、単純承認したものと自動的にみなされます。
 また遺産を勝手に処分したり、悪意で財産目録に加えなかったりすると、
全ての遺産は単純承認となります。

限定承認

 被相続人が残した財産は、プラスの財産だけでなくマイナスので財産も含
まれます。場合によっては、プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多
く、相続人が多大な借金を背負ってしまうこともあります。
 相続人を保護するための制度のひとつが『限定承認』です。

 『マイナスの財産(債務など)を引き継ぐとともに、同じく引き継いだプ
ラスの財産(債権など)の限度内で、そのマイナスの財産を弁済する』とい
う承認です。
 相続人自身の財産を使い、債務の弁済をする必要はなく、あくまでも被相
続人から引き継いだプラスの財産の範囲内で、債務を弁済します。また、弁
済後に、プラスの財産が残るようであれば、それを相続することができま
す。
 被相続人から引き継ぐ財産が、プラスの財産かマイナスの財産か、どちら
が多いのかわからない場合は、この限定承認を選びましょう。ただし、「限
定承認」には、相続人全員の合意が必要となり、1人でも不合意であれば、
認められません。相続人のなかに、「相続放棄:をした人がいる場合は、そ
の人を除いた相続人全員で限定承認できます。

 「限定承認」は、相続開始(を知った日)から、3ヶ月以内に被相続人の
住所地にある家庭裁判所に申し立てなければなりません。

相続放棄

 限定承認と同じく、相続人を保護する制度のひとつが『相続放棄』です。

 プラスの財産よりマイナスの財産が多いとわかっているときや、遺産相続
を辞退したいときなどに『相続放棄』します。「相続放棄」することによ
り、最初から相続人とならなかったとみなされ、相続に関する全ての権利や
義務を放棄する制度です。

 「相続放棄」は、相続開始(を知った日)から、3ヶ月以内に被相続人の
住所地にある家庭裁判所に申し立てなければなりません。相続放棄は、相続
人本人の意思であることが認められると受理され、個別で申し立てが可能で
す。一度申し立て、受理された相続放棄は、原則して撤回することは出来ま
せん。そして、被相続人の直系卑属の代襲相続も適用されなくなります。


弁済 … 債務などを消滅させること。履行。


 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!