×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


スポンサーリンク 


法定相続人・相続の順位


 相続人になれる人の範囲は、法律で決められています。その決められた相
続人を『法定相続人』といいます。
 では、この法定相続人の範囲はどこまででしょうか。

配偶者

 被相続人の配偶者(夫からみれば妻、妻からみれば夫)には、常に相続の
権利があります。ただし、法律上の婚姻関係にない内縁の夫や妻に、相続権
はありません。

 被相続人の直系卑属となり、法定相続人となります。この『子』には、嫡
出子(被相続人の実子)、非嫡出子(内縁関係にある人との子)、養子、胎
児、代襲相続の孫、ひ孫などが含まれています。

 ただし養子については、複数いる場合、相続税法上で1人あるいは2人ま
でしか税金の控除がありません。
 また、相続の権利を持つ子がすでに死亡している場合は、その子ども(被
相続人からみると孫)が相続人となります。これが『代襲相続』です。
   詳細は『代襲相続とは』をご参照ください。

父と母、祖父と祖母

 子ども・孫などの直系卑属がいない場合、被相続人の直系専属である父母
が相続人になります。父母がいない場合は、祖父母が相続人となります。

兄弟姉妹、その子ども

 被相続人の直系卑属や直系専属がいない場合、相続人となりえます。この
被相続人の兄弟姉妹(傍系)が死亡している場合、その子どもが代襲相続し
ます。ただし、この場合の代襲相続は一代に限られるため兄弟姉妹の孫(被
相続人からみた甥姪)は、法定相続人にはなりません。


直系卑属 … 自分からみて年下にあたるタテの血縁関係のこと。
        (例:自分→子→孫→ひ孫…)
直系尊属 … 自分からみて年上にあたるタテの血縁関係のこと。
        (例:自分→父母→祖父母→曾祖母…)
傍系 … 自分からみてヨコの血縁関係。(例:兄弟姉妹)


法定相続人の順位

 上記が、法定相続人となりうる範囲です。しかし、法定相続人であれ
ば、必ず相続の権利が約束されているわけではありません。
 
相続の順位は、民法で定められており、その相続順位に従い、遺産相続が
決まります。
 ただし配偶者は、この相続順位には含まれず、必ず相続人となります。


相続順位
相続人
-
配偶者 (相続順位なし。常に相続権があります。)
第1順位
子(被相続人の直系卑属)
第2順位
親(被相続人の直系卑属)
第3順位
兄弟姉妹(被相続人の傍系)


 第1順位の人がいる場合、第2順位・第3順位の人には、相続の権利はあ
りません。同じく、第2順位の人がいる場合は、第3順位の人に相続の権利
はありません。

 遺産相続について、被相続人が遺言書を残している場合は、法定相続人の
相続順位より、遺言書(被相続人の意思)が優先されます。
 ただし、遺言書が存在しても、法定相続人の『遺留分』は、保障されてい
ます。
   詳細は、『法定相続分とは』をご参照ください。
 



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!