×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 

贈与の基本


 「贈与」とは、お互いの同意のうえで無償で財産を与えることです。財産
を贈る側を「贈与者」、財産を受け取る側を「受贈者」といいます。

 民法549条(贈与)
 「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に
  与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、
  その効力を生ずる。」


 つまり、贈与者が一方的に、贈与の意思表示をしただけでは成り立ちませ
ん。贈与者の「無償で財産をあげる」という意思表示に対し、受贈者が「無
償で財産をもらう」という承諾の意思表示をして、民法上の贈与が成立
する
ことになります。

 したがって、意思表示ができない乳幼児などには、贈与はできません。た
だし、口約束でもお互いに合意していれば成立するため、後にトラブルとな
ることもあります。このトラブルを未然に防ぐために、「贈与契約書」を作
成することをお勧めします。書面で残すことによって、トラブルを回避する
効果が望めます。

 また、贈与は実行される前であれば、取り消すこともできますが、「贈与
契約書」を交わしておけば、間単位取り消すことができなくなります。

  詳細は、「贈与契約書」をご参照ください。



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!