×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


スポンサーリンク 


遺産相続手続きのながれ


『相続』は、被相続人(相続される人)が亡くなると同時に開始されます。相続の手続きについては、民法に規定がありますが、原則として、被相続人・相続人の意思が尊重されています(私的自治の原則)。つまり、まず遺言書があればそれに従い、遺言書がなければ、相続人全員での話し合い(遺産分割協議)が優先されます。いずれになるかで手続きのながれも変わってきます。遺産分割の話し合いでまとまらない場合、家庭裁判所の調停や審判を利用することになります。法、裁判所が相続に入るのは、あくまで最終的な手段なのです。
遺産相続手続きのながれ
参考ページ
相続開始≪被相続人の死亡≫
  死亡届・失踪宣告・失踪届


遺言書の有無の確認
  遺言書・検認
遺言書がある
遺言書がない


遺言書の開封
相続人の確定
  法定相続人・相続の順位
  相続人の確定
  法定相続分とは
  相続の方法を選ぶ
  代襲相続とは
  相続人の欠格・排除について


相続遺産の確認・目録作成
  遺産の総財産を確認します。


遺産分割協議
  遺産分割協議とは
  遺産分割調停・審判
合意
不合意
調停・審判


遺産分割
  相続登記とは


相続税の申告・納税
  相続税の申告・納税



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!