×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜 相続手続き無料相談、相続関係説明図・遺産目録・遺産分割協議書の作成、相続税について徹底解説 〜
遺産相続について
贈与について
お問い合わせ
スポンサーリンク 


【法人部門】各種許認可申請・法務コンサル【個人部門】遺言・相手続き・在留ビザ申請・各種契約書・内容証明作成なら…ラプラージュ綜合法務事務所へ!無料法務相談も実施中とのことです

スポンサーリンク 


はじめに


 2014年7月、当サイトをリニューアル致しました。同時にサイトタイトルを「相続・遺言・遺産分割の指南書 [2015年最新版]」と変更し、さらに、Mobile版(スマホ・iphoneなどタブレット対応)の作成にとりかかりました。当サイトは、相続が発生した方がご自身で必要な手続きをすべて完了させたい場合の手引きになるようなコンテンツになっています。全国対応無料相談は日本全国から問い合わせがあります。
 また、管理人は行政書士事務所ですが(法務博士号をもつ行政書士2名所属)、不動産については提携している司法書士事務所、相続税については提携している税理士事務所を紹介したり、タッグを組んでワンストップ的にお客様のニーズに対応できるよう努めております。
 ご自身でなされる場合、専門家に依頼する場合を問わず、無料相談も実施しております。開業以来、地域貢献をかねて続けてきた無料相談は継続してまいります。相談だけなら完全無料にて実施してきました。さらに、外出が困難な方、ご多忙の方には、出張無料相談(兵庫県神戸市、明石市、三木市、三田市、芦屋市、西宮市、尼崎市〜大阪府大阪市内などを平日の日昼はもちろん、土日祝日や平日の夕方〜夜の時間帯でも承ります。(予約が必要になりますが人気です!!)

 当事務所への遺産分割協議書作成パック(相続関係説明図、遺産目録、遺産分割協議書の作成とそれに必要な戸籍収集、相続人・相続財産の調査を含む)についてのお問い合わせこちらからどうぞ。このパックは税込価格¥50,000円+実費(役所等での事務手数料等)になります。

 今後とも末永くご愛顧承りますようよろしくお願い申し上げます。


相続の基本知識


『相続』とは、亡くなった人が残した遺産を、その人の配偶者や子どもなど
が受け取ることです。

 民法896条(相続の一般的効力)
  「相続人は、相続開始の時から被相続人の財産に属した
   一切の権利義務を継承する。」

 そして、遺産を相続される人を『被相続人』
         遺産を相続する人を『相続人』といいます。

 相続は、人が亡くなると同時に開始されます。
 亡くなった人は「被相続人」に、相続の権利を持つ人は「相続人」とな
り、本来は法律上の手続きなどを必要とせず、全ての遺産が、自動的に相続
人に引き継がれます。相続人が被相続人の死亡を知らないときでも、相続は
自動的に開始されます。

 また、民法896条『…一切の権利義務を継承する。』とあるように、プ
ラスの遺産だけでなく、マイナスの遺産も受け継がれます。
  相続の対象となる財産とはを参照ください。

 しかし、実際には、誰がどの遺産を相続するかについては、いくつかの段
階を踏んで、決めていかなければなりません。具体的には、
@ 誰が相続するのか(法定相続人・相続の順位)
A 相続するのか、相続を放棄するのか(単純承認、放棄、限定承認)
B 相続人がどの遺産をどのように相続するか(相続割合など)を相続人全
員で話し合い決める(遺産分割協議)
の段階があります。

 当サイトでは遺産相続について、大まかなながれをご紹介します。
  遺産相続の手続きのながれをご参照ください。




参考ページ
誰が相続するのか 法定相続人・相続の順位
各相続人が遺産を相続するのか 相続の方法を選ぶ
相続人全員で話し合い決める 遺産分割協議とは



 どこに相談するか迷われたり、相続についてご不明な点がございましたら、お問い合せくださいませ。相談は完全無料で実施しております!